HOME > 相続が心配な方へ

相続が心配な方へ

takasimaaya_02.gif

相続のことをご心配されているご本人様ご家族様に、生前でどんな対策が
あるのか、出来るのかをご紹介させていただきますので、ご参考ください。

相続財産の分け方を巡ってもめたり、いがみあうのでは?と心配な方
→ 遺言書を検討しましょう。第三者に関わってもらってことがポイントです。

自分の死後に、残された配偶者や家族が、①役所への手続き、②葬儀の段取り、
③年金等の受給手続き、などがきちんと一人で出来るか心配だという方
→ 死後事務委任契約で、必要な手続きを専門家に依頼しておきましょう。

自分自身が認知症になったり、病院に入院することになった時の財産管理、
介護の手続きなどが心配だという方
→ 任意後見制度を検討しましょう。法律家がキッチリとサポートできます。

事前の老い支度で、多くのことは事前対応が可能です

遺言書の活用

遺言書は、遺言を作成する本人の最終意思を相続人に伝えるもので、 遺言書によって遺産の
全体または個々の遺産を誰が受け継ぐか、自らの意思を反映させることができます。
また、遺産の処分の方式を伝える以外にも、相続人に対して自分のことばを残すことも
付言事項を通じて実現が可能です。

遺言を残しておくことで、自分の死後に、配偶者や子供たちに対して、相続財産に関する
指定をすることが出来ます。成年後見などの委任契約は、法律で死亡によって終了すると
されていますが、ここでご紹介させていただく死後事務委任契約は、当人の死後も有効に
契約の効力を発揮することが可能です。

死後事務委任契約

死後事務委任契約の対象は、本人の財産の処分ではありません。本人の死亡後に、発生する
事務の委任がメインとなります。このため、自分の死後に、自分の死亡によって発生する
煩雑な手続きで周囲に迷惑を掛けたくない方が活用される場合が多いようです。

①役所への手続き: 死亡届、火葬許可申請書
②葬儀の手続き: 葬儀の生前契約(生前準備予約)、葬儀社への依頼
③年金の手続き: 遺族年金の手続きをご家族に代わって代行サポート
④諸事務手続き: 公共料金、クレジットカード・会員カード類の解約、             生命 保険の手続き、その他の残された手続き一切。
⑤手紙等の保管: 家族や介護者へのお礼状・お手紙の保管など

任意後見契約

判断能力が低下した際に、信頼できる後見人に生活を 支援してもらう契約(任意後見契約)
とは、将来、認知症や障害になってしまって、自分の判断能力が低下してしまったときに、
自分が信頼している人に後見人になってもらい、生活における重要な判断や生活の節目を
看てもらう制度のことを言います。

誰に、任意後見人になってもらうかは、ご本人様が決めることが出来ます。
これは、ご本人様が一番信頼できる方が良いと思います。任意後見人と なる方には、
財産管理から施設への入所費用の支払いなど、様々な重要事項を支援 していただく形に
なると思います。いずれ、人は誰しも老いるものですから 後見制度は、必ずやってくる
“その時”のための老い支度となります。

これからの生活や相続に不安を感じていらっしゃる方に向けて、上記のようなお手伝いが
可能です。まずは、ご相談のお問合せをください。お客様の家族のように親身なお手伝いを
させていただきます。

まずは、お気軽に無料相談にお越しください。