HOME > 相互リンク集・一般 > 相互リンク集一般01‐30 > 相互リンク集一般01‐30

相互リンク集一般01‐30

 名古屋相続相談プラザと相互リンクさせていただいたいるサイトです。




<相続人の特定(第二順位である直系尊属)>
意外に相続人を特定するのは難しいものです。
相続人は民法により定められています。相続人はまず第一順位として子、第二順位として直系尊属、第三順位は兄弟姉妹と規定されています。ちなみに配偶者は常に相続人になります。
第一順位である子が被相続人よりも先に亡くなっている場合は、孫が、あるいはひ孫が代襲して相続します。
第二順位の父母も亡くなっている場合は第三順位の兄弟姉妹になるのですが、例えば母のみが存命で相続放棄をした場合、母の両親(被相続人の祖父母)が存命な場合は、その祖父母が相続人となります。
イメージとしてはすぐに兄弟姉妹に相続権が移ると思われがちですが、これが事実です。