法定相続人とは

民法で定められた相続することができる人のことを法定相続人といいます。

配偶者がいる場合は、配偶者は常に相続人となりますが、
その他の相続人の順位に応じて配偶者の相続分は変動します。

第一順位

  • 配偶者と子が相続人の場合、相続分はそれぞれ配偶者1/2,子1/2となります。
    子が複数いる場合は子の相続分1/2を均等配分することになります。
  • 子が既に死亡していたり、廃除や欠格などにより相続の権利を失っている場合、
    それらの子(被相続人の孫)が代わりに相続します。
    これを代襲相続といいます。
  • 子には嫡出子だけでなく、非嫡出子・養子・胎児なども含まれます。
    (ただし非嫡出子の相続分は嫡出子の1/2)

第二順位

  • 子や孫などの直系卑属がいないときにのみ、父母が相続人となれます。
  • 配偶者と父母が相続人の場合、相続分はそれぞれ配偶者2/3,父母合わせて1/3となります。
  • 父母ともに健在の場合、1/3を均等配分します。
  • 子や孫などがいなくて父母ともに亡くなっている場合、祖父母が相続人となります。
    さらに祖父母が亡くなっている場合、曾祖父母が相続人となります。

第三順位

  • 直系卑属(子や孫など)と直系尊属(父母や祖父母など)がいないときにのみ、
    兄弟姉妹が相続人となれます。
  • 配偶者と兄弟姉妹が相続人の場合、
    相続分はそれぞれ配偶者3/4,兄弟姉妹合わせて1/4となります。
    兄弟姉妹が複数いる場合、1/4を均等配分します。
  • 兄弟姉妹に亡くなっている人がいる場合、それらの子(甥や姪)が1代に限り代襲相続します。