戸籍について

戸籍は、大きく分けて3種類があります。現在戸籍(現戸籍)、除籍、改製原戸籍です。

この戸籍制度は、明治5年に開始された制度です。また、戸籍制度が開始されてから5回の改正がありました。

まずこれら3種類の戸籍について紹介いたします。

現在戸籍

普通に戸籍謄本を請求するとこれを受け取ることになります。ちなみに、「謄本」は戸籍全体の写しのことを指します。また、そのうち一人だけの写しは、「抄本」と呼びます。

亡くなった方の戸籍をとる場合は、必ず「謄本」を取る必要があります。

除籍

成人し、戸籍から抜けると自分ひとりの戸籍をつくることができます。
そうした場合に親の戸籍から抜けると、除籍になります。結婚して新しい戸籍をつくるとき、死亡した時も「除籍」されます。

戸籍収集の際には、除籍されている相続人の除籍謄本を取る必要が出てきます。

改製原戸籍

戸籍法が変わって作り直された時の、以前の戸籍を「改製原戸籍」といいます。
戦後、昭和23年式戸籍になる以前のもの、平成6年の法改正でコンピュータ化される以前のものなどがあります。
それらには戸籍簿の表紙の右欄外に「改製原戸籍」と書かれています。

正しい読み方は「かいせいげんこせき」です。しかし、専門家の間では「はらこせき」、または 「はらこ」と呼ばれたりしています。

戸籍の種類

平成6年式コンピュータ戸籍

以前の戸籍は縦書きでしたが、コンピュータ化された横書きの戸籍に順次変わってきています。

昭和23年式戸籍

戸籍の単位が変わりました。「家」が「家族単位」に、「戸主」が「筆頭者」に変わり、「華族」「平民」などの身分呼称もなくなりました。実際に昭和23年式戸籍に変わったのは昭和32年から昭和40年くらいの間です。

大正4年式戸籍

「戸主トナリタル原因及ヒ年月日」という記述が廃止され、戸主の事項欄に記載するようになりました。このあたりの戸籍が出てくる場合は、かなり複雑なケースが多くなります。

明治31年式戸籍

ここまで古い戸籍が出てきたら、確実に専門家に見てもらった方が良いでしょう。
戸籍の一枚目に「戸主トナリタル原因及ヒ年月日」欄が作られました。
筆で書いた読めない戸籍に出くわすことが多いと思います。