財産目録の作成

財産目録の作成についてご説明いたします。

「亡くなった方(被相続人)に、どのような相続財産があるのか」を明確にするために作成するのが財産目録です。

被相続人が生前に、自分の財産を書面にしまとめてあれば問題は無いのですが、通常そういった事はほとんどないため、相続人や専門家が相続財産の調査を行い、それをもとに財産目録を作成するのが一般的です。

一般の方が財産目録を自分で作成しようとした場合、難しいのはこの財産調査の仕方です。

よくある例として、兄弟や前妻と後妻の間などで、財産を互いに明確にしない場合、財産調査を難しくしてしまうケースの一つです。
完璧に財産調査をすることは難しいところもありますが、こうした場合でも相続手続きのプロであれば、
ある程度の財産調査が出来ますので、遺産分割に必要な相続財産の全体像を導き出すことも可能です。

いずれにしろ 、相続財産にどんなものがあるのか、どれくらいあるのかを正確に把握しなければ、
相続人の間で遺産分割協議をする事が出来ません


財産目録をきちんと作らなかった場合、下記のような問題が起こってしまいます。

  • 遺産分割が出来ないため、正式に預貯金の引き出しや解約を進めることが出来ません。
  • 法務局が受け付けてくれないため、不動産の名義変更が出来ません。
  • プラスの財産と、マイナスの財産との比較が出来ないため、
    相続放棄などをどのように相続したらよいのか、相続方法の決定に関する判断が出来ません。
  • 財産の全体像が分からないため、遺産分割が出来ません。
  • 相続税が発生するかどうかも、財産の総額が明確になっていないため、10ヶ月以内に相続税の申告をすることが出来ません。
    つまり、相続税の控除が使えないということで、多額の税金を払うことになりかねません。


ご覧いただくと分かるように、財産目録をしっかりと作らないとデメリットが多くまったく良い事はありません。
非常に煩雑な作業ではありますが、なるべく早い段階で財産目録の作成をされる事をお勧めいたします。
また、うまく進まない場合には、こうした分野のプロである私たち専門家に早期にご相談いただければ、きっとお力になれます。