遺産相続 名古屋|遺産相続なら名古屋相続相談プラザ

遺産相続の流れ

  1. 相続人調査・相続人確定
  2. 財産調査・遺産目録
  3. 相続方方法の決定
  4. 遺産分割協議書作成
  5. 不動産・預金名義変更

遺産相続(相続)とは、亡くなった方(被相続人)の持っていた財産(土地・建物、預貯金、その他)や権利義務(債権など)、一切の法的地位が法律で決められた方(法定相続人)にへ引き継がれることです。

法律(民法)で誰に相続する権利があるのか、またいつまでに手続きをしなくてはいけないのかが、明確に決められております。ですから、きちんとした手続きを進めることが必要です。

これから望ましい遺産相続の手続きの流れを順に追って、下記にご説明いたします。

まずは、最初の手続きと期限のある手続きと、手続き一覧を下記のリンク先にてご紹介いたします。

相続手続きについては、下記からご確認ください。

1. 相続人調査・相続人確定

  1. 相続人調査・相続人確定
  2. 財産調査・遺産目録
  3. 相続方方法の決定
  4. 遺産分割協議書作成
  5. 不動産・預金名義変更

まずはこの相続人調査から着手します。

「相続人なんて調べなくてもわかる」と思われる方も多いかもしれません。しかし金融機関でも法務局においても、戸籍謄本や相続関係説明図を通じて、間違いなく相続人であることの証明が出来なくては、銀行の預金を引き下ろしも、不動産の名義変更(名義の書き換え)も進みません。

ですから、まずは相続人調査(戸籍収集)から始めていく必要があります。

2. 財産調査・遺産目録

  1. 相続人調査・相続人確定
  2. 財産調査・遺産目録
  3. 相続方方法の決定
  4. 遺産分割協議書作成
  5. 不動産・預金名義変更

一般的に財産調査というと、不動産(土地・建物など)調査や、預貯金に関する調査(各金融機関の残高証明取得)などが大半です。
また株式などの有価証券をお持ちの場合は、相続開始時での評価を出す必要があります。

中でも、相続開始日(被相続人の方が亡くなった日)での預貯金の残高証明の取得などは、集めた戸籍を金融機関に提出してから3週間近くかかってしまいますので、早めに手続きを進める必要があります

3. 相続方法の決定 (単純相続・相続放棄・限定承認)

  1. 相続人調査・相続人確定
  2. 財産調査・遺産目録
  3. 相続方方法の決定
  4. 遺産分割協議書作成
  5. 不動産・預金名義変更

財産調査をもとに、プラスの財産やマイナスの財産を確認し、相続するのか、しないのかを決める必要がある場合もあります。これを相続方法の決定と言います。

相続方法の決定は、相続開始(被相続人の死亡)から3ヶ月以内に行う必要があります。この期限を過ぎてしまうと、単純相続をした事になってしまいます。
財産調査が間に合わない場合は、この期間(熟慮期間3ヶ月)の延長を家庭裁判所に申立てする必要があります。期限が迫っている方は、お早めに当事務所にご相談ください。

財産を放棄する場合などは、法律にもとづいて家庭裁判所に申述する必要があります。

4. 遺産分割協議書作成

  1. 相続人調査・相続人確定
  2. 財産調査・遺産目録
  3. 相続方方法の決定
  4. 遺産分割協議書作成
  5. 不動産・預金名義変更

相続財産の調査が終わり、財産目録の作成までたどり着いたら、遺産分割協議を行う段階です。
遺産分割は、協議分割(話し合い)が前提となります。1人の相続人が勝手に決めて、一方的な遺産分割協議書を送りつけて実印を押してくれと言ったりすると、かなりの確率でもめてしまいます。ここは遺産目録を作成し、相続人の全員で遺産分割をすることをお勧め致します。

ここで遺産分割(財産の分け方)がまとまれば、遺産分割協議書を作成する流れとなります。
きちんと行政書士や司法書士に関わってもらって、遺産分割協議書を作成すれば、預金の名義変更や不動産の名義変更がスムーズに進みます。素人の方が頑張って法律を勉強されるよりも、プロにご依頼される事をお勧め致します。

例えば、『1人の相続人が財産(通帳と実印など)をしまい込み、財産調査も遺産分割も進まなくて困っている...しかし、親族なので裁判をする訳にもいかない...』とお困りの方から、行政書士が財産調査を代行するサポートを行っております。
プロが代行することで、財産の大半はオープンになりますので協議分割が進むことが多いのですが、中には裁判になってしまって、400万も500万も弁護士の先生にお支払いする結果になってしまうケースもあります。まずは、協議分割をしっかりと進めて行きましょう。

5. 不動産・預金名義変更(土地・建物、預貯金などの名義変更)

  1. 相続人調査・相続人確定
  2. 財産調査・遺産目録
  3. 相続方方法の決定
  4. 遺産分割協議書作成
  5. 不動産・預金名義変更

遺産分割協議書がまとまると、ようやく財産の名義変更に着手できます。

名義変更も大変な手続きですが、不動産(土地・建物)の場合は、法務局に所有権移転の登記申請をしなくてはいけません。また、預貯金の場合も各金融機関で申請してから、実際に名義変更が完了するまでに1ヶ月くらい掛かります。
※解約される方が、手続き自体は早く進む場合が多いのが実情です。

ゼロから手続きを始められる場合、ここまでたどり着くには、3ヶ月ちかく掛かりますので、下記に当てはまる方は当事務所の無料相談をご活用ください。流れを把握できると思います。

(1) 相続人が4名以上いる、(2) 相続財産が5件以上ある、(3) 不動産の名義変更もある

上記のうち2つ以上に該当する場合は、しっかりと遺産分割協議書を作り、間違いなく手続きを進める必要がある方です。
当事務所では、名古屋駅1分の場所で、初回の無料相談を通じて、一覧の手続きの流れをご説明させていただいております。

相続税の申告

相続税の申告が必要となるのは、現行の法律では下記の基礎控除額を超える相続財産がある方が対象となります。

基礎控除: 5000万円 + 相続人の人数 × 1000万円

※年初から、基礎控除:3000万円+相続人の数×600万円にするという改正案がありますが、成立していません。

また、相続財産の評価は、勝手な方法では出来ません。
当然のことながら、税務署の基準でみていく必要があります。

名古屋相続相談プラザの無料相談を活用するメリット

ここまでの遺産相続の流れをご確認いただくと、相続手続きがけっこう大変な作業になってしまう事がご理解いただけたのではないかと思います。
ここでは、当事務所の無料相談を活用するメリットについて、ご紹介させていただきます。

  • 第一には、何よりも、初回の無料相談があること。
  • 30分では、遺産相続のご相談は方向性だけで具体的には解決しません。
    →当事務所では、最大90分までの無料相談が可能です。
  • 相続手続きの流れシートに記載して、お渡ししておりますので、相続人の方が集まる前に無料相談を受けていただくことで、他の相続人の方に、手続きの全体像と概算費用と、想定される手続きの期間を見てもらうことが可能です。(大好評をいただいております)
  • ご依頼をいただく前提であれば、他の相続人の方を連れて来ていただいて、その方にも手続きを丁寧にご説明をさせていただくことも可能です。もちろん、無料対応します。
  • ご依頼される場合、事前に目安となる料金体系を明示しております。
    財産の○%といった曖昧な言い値では提示致しません。
  • 不動産の名義変更は、2.8万円~で協力先の司法書士が対応しております。
    多くのお客様に喜んでもらえる、安心プライスの秘訣です。