遺産相続 名古屋|遺産相続なら名古屋相続相談プラザ

年金の手続き

相続の際の年金手続き

遺族年金には「遺族基礎年金」、「遺族厚生年金」、「寡婦年金」があります。
またこれに関連するものとして、「死亡一時金」というものがあります。これは、国民年金の保険料を「3年以上納めた人」が老齢基礎年金・障害基礎年金のいずれも貰わないまま死んでしまった時に、生計をともにしていた遺族(家族)に支払われるものです。

このような厚労省管轄の年金は、自動的に支給されるものではなく、受給権利のある方が、きちんと請求する必要があります。

請求用紙は社会保険事務所で手に入ります。ご自分で手続きされるにせよ、専門家に依頼されるにせよ、とにかく手続きを進めなくては遺族年金を受給することは出来ません。

遺族年金の受給手続き

遺族年金の受給に必要な書類は、亡くなった方と受け取る方によって異なりますが、最低限、必要となるものとしましては、下記のようなものがあります。

  • 死亡診断書
  • 健康保険の被保険者証
  • 源泉徴収票または所得の非課税証明書等
  • 年金手帳、基礎年金番号通知書、年金証書
  • 戸籍謄本
  • 住民票

未支給年金の受け取り

原則として、年金は年6回、偶数月にそれぞれの月の前月2カ月分が支給されることになっています。

そして、年金は死亡した月分まで支給されることになっています。ですから、結果として死亡した月の年金が未支給年金となります。
年金受給者の死亡当時その方と生計を同じくしていた配偶者、子、父母、孫、 祖父母または兄弟姉妹の順に、未支給年金を受け取ることができます。