納税猶予・延滞税・加算税

申告した税額に誤りがあった場合や、税務調査により追加の税金を支払うことになった場合は、追加の税金だけではなく、以下に示す延滞税等の金額も支払わなければなりません。
 

1)延滞税

納付期限までに納付をしなかった場合には、納付期限から納付した日までの日数に応じ本税の14.6%(納付期限から2ヶ月以内は7.3%)を乗じて計算した金額を支払わなければなりません。

2)過少申告加算税

・申告した税額が過少であり、自主的に修正申告書を提出した場合には、過少申告加算税が課されること はありません。
・申告した税額が過少であり、税務調査により修正申告書を提出した場合には追加で納めることになった 税金に10%(期限内申告の税額と50万円のいずれか大きい金額を超える場合は、その超える部分につ いては15%)を乗じて計算した金額を支払わなければなりません。

3)無申告加算税

・納付すべき税額があるにも関わらず申告書を提出していなかった場合、自主的に申告書を提出した場合 は、納付すべき税額の5%を乗じて計算した金額を支払う。
・納付すべき税額があるにも関わらず申告書を提出しておらず、税務調査により申告書を提出した場合  は、納付すべき税額の15%を乗じて計算した金額を支払う。

4)重加算税

・財産を仮装・隠蔽等し、過少申告をした場合、納付すべき税額に35%を乗じて計算した金額を支払わな ければならない。
・財産を仮装・隠蔽等し、無申告だった場合、納付すべき税額に40%を乗じて計算した金額を支払わなけ ればならない。

 

申告漏れ等があり、あとから税務調査で発見されてしまうと、このように延滞税などを支払わなければならなくなります。
相続税が発生すると分かった時点で、相続の専門家に相談し、明瞭かつ迅速に手続きを行うことで、損のない相続税支払いをお済ませすることをお勧めいたします。

相続税についてお困りの方は、まずは、当事務所の無料相談へお越しください! 

フリーダイアル:0120-758-137(名古屋) フリーダイアル:0120-596-742(岡崎)