広大地の評価

ここでは、非常に大きな土地を相続することになった場合のその土地に対する評価についてご説明いたします。

著しく地積が広大な宅地で、都市計画法に規定する開発行為を行う場合に公共公益的施設用地用の負担が必要と認められるものの価額は、広大地の面する路線の路線価に、広大地補正率を乗じ、さらにその価額に対して、その広大地の地積を乗じて計算した価額にした金額によって評価されます。

著しく地積が広大とは・・・

  • 市街化区域 三大都市圏では、500㎡
  • それ以外の地域では、1,000㎡
  • 非線引き都市計画区域及び準都市計画区域では、3,000㎡

 以上の範囲以上になる土地は、広大地となります。

広大地の評価に関しては、非常に難易度の高いアプローチになりますので、専門の税理士・不動産鑑定士と一緒に対応することをお勧めいたします。

まずは、当事務所の無料相談にお越しください。
このような難しい案件に対しても、納得プライスで、分かりやすく丁寧に対応いたします。

 フリーダイアル:0120-758-137(名古屋) フリーダイアル:0120-596-742(岡崎)