遺言書の活用のポイント

「遺言書がどういうものかは、だいたい知っている」という方でも、本当の遺言の効力を把握されていない方は意外と多いようです。

遺言は非常に強い効力を持ちます。私たち相続遺言の専門家であっても、遺言の効力の強さを改めて実感する事が大変多くあります。
最近の事例をもとに、遺言の効力についてご紹介いたします。

正式な遺言を作る前に、入院している推定被相続人が亡くなってしまった

聡さん(仮名)が、当事務所に遺言の相談に来られました。

聡さんには、たまたま長い間、看病をしてきた義理の母、よしこさん(仮名)がいました。
聡さんの妻で、よしこさんの子供である冬実さんは、昨年末に病気で亡くなってましたが、冬実さんの死後も聡さんはよしこさんの看病を続けていました。
ある時聡さんは、よしこさんから「病室で遺言を作成したので、取りに来て欲しい」という連絡を受け、病院へ行ってみると「5000万ほどある財産を、一番面倒を見てくれた聡さんに譲りたい」という内容の遺言を渡されました。

よしこさんの夫はすでに亡くなっており、子供は3人いましたが、そのうちの1人である聡さんの妻もすでに亡くなっています。よって、実際の相続人は、よしこさんの2人の子供がなる、という予定でした。

しかし、よしこさんの2人の子は、それぞれ遠方に住んでおり、最近は音信不通で疎遠だったので、よしこさんは妻の死後も看病を続けてくれた聡さんに財産を渡したいと思い、自筆遺言を聡さんに手渡したという流れでした。

聡さんは、遺言について分からないことが多かったので、法律の専門家に相談しようと考えて当事務所へご相談に来られました。

早速、本職の方で遺言を確認させていただいたところ、残念ながらその自筆証書遺言は法的な形式を満たしていなかったため、法的に無効なものであることがわかりました。そこで当事務所では、病院でも遺言は可能ですから、すぐに公証人を手配して、遺言を法的に効力あるものに作り直すことをお勧めしました。

聡さんは遺言を作り直すことについて、よしこさんの2人の子に相談してから、よしこさんに病院での公正証書遺言の作成を提案しようと思いましたが、なかなか2人とは連絡が取れませんでした。そしてそうこうしているうちに一か月が経過し、その間によしこさんは容態が急変して亡くなってしまいました。

<結果>

この後、よしこさんの葬儀にやってきた子2人は行政書士・司法書士に手続きを任せました。そして結局、聡さんには全く財産の分配はないということです。
聡さんは再度、当事務所へ相談に来られました。特別受益分など裁判所を通じて主張する意思があるのであれば、弁護士の先生を紹介する旨をお伝えましたが、聡さんは諦めるとの事でした。
よしこさんの想いが実現されない結果となり、私どもとしても非常に残念なことでした。
このように、遺言のタイミングを逃してしまうと、大きな財産を遺贈してもらえる立場だったのが、まったく何も残らないという結果になってしまうケースもあります。

遺言によって遺産分割が指定されており、相続財産がほとんど受け取れなかった

秀一さん(仮名)は2人兄弟の次男でしたが、両親が律子さん(仮名)を小さい頃に養子にしており、兄弟3人で育ちました。
その後、時が流れお父様が亡くなり、そしてお母様も亡くなり、4,000万くらいの土地建物と預金が1,500万くらい残ったので、遺産相続になると考えていました。

葬儀から一週間ほど経ってから、母と同居して世話をしていた律子さんから「遺言が出てきたので、遺言に書かれている行政書士に執行を任せた」という連絡がありました。

遺言があったことにも驚きましたが、秀一さんは、最後まで母の世話をしていた律子さんから遺言の話が出てきたことにわずかながら疑念を持ちました。

遺言の内容は「土地建物は律子さんに、葬祭費用などは残った預貯金から支払い、その残金の70%を律子さんに、残りの30%を兄弟二人で分けるように」というもので、公正証書で作成されていました。

この遺言によって、養子である律子さんが、家(土地・建物)と1,000万を相続し、実の子である秀一さんとお兄さんが200万ずつのみ。兄弟3人で、仲良くやってきたにもかかわらず、晩年の母の世話を2年ほど見ていただけで、養子である律子さんがほとんどの財産を相続するなんて… と、悲しさと憤りをもって、当事務所へ来られました。

<結果>

弁護士を立て、調停をしていくにも、遺留分の請求をするにも、最低でも50~100万円の費用がかかります。そのことをお伝えすると、秀一さんは、兄弟でもめるのも嫌なので、素直に遺言に従う決断をされました。

律子さんの立場ですと、2年間母と同居して世話をしてきた苦労が報われたいという思いや、遺産分割によって住んでいた家を売却して分けることになってしまうかもしれない、という不安があったかもしれません。

この事例によって、遺言によって、残された相続人に大きな力が働いてしまうことがご理解いただけたのではないでしょうか。

こんな方は、事前にご相談ください

  • 入院中の親族に遺言を書いておいてもらった方が良いと思っておられる方
  • 兄弟の仲が悪く、遺産分割でもめてしまったとき、最低限の相続分を確保したい方
  • 相続人が複数名おり、遺産相続が心配な方(推定被相続人と同居の方は特に)
  • 養子や前妻の子など、相続人に直接面識が無い人がいる場合

当事務所では、状況に応じてスピーディに対応できる用意がございますので、お気軽に無料相談にお越し下さい。