遺産分割の方法

遺産分割には、大きく3つの方法があります。それは現物分割、代償分割、換価分割です。
法定相続の場合でも、そうでない場合でも、この3つの方法が遺産分割の基本となりますので、よくご確認ください。

現物分割

現物分割とは、財産一つ一つについて誰が取得するのかを決める方法です。

遺産分割で一番多いのがこの現物分割です。遺産そのものを現物でわける方法です。
例えば親の住んでいた名古屋の土地・建物は、長男が相続。親が所有していた京都の土地・建物は次男が相続。預貯金は、長女が相続する、といった具合に分けていきます。

現物分割で相続していく場合、各相続人の相続分をきっちり分けるのは難しいため、次にご紹介する代償分割などで補完します。

代償分割

代償分割とは、特定の相続人が、特定の財産(現物)を相続する代わりに、他の相続人に金銭などを与える方法です。

事例をもとにご説明いたします。

例えば、「長男が親の会社の資産(遺産)の店舗(土地・建物)や株式を相続する代わりに、長男が次男に代償金として4,000万円を支払う」といった具合です。

会社などを単純に法定相続分に応じて分割してしまうと、その会社の貸借対照表が狂ってしまい、結果的に倒産することになりかねません。
ですから、親の大切な事業を承継するためにも、上記のような方法を取る事が多く見受けられます。

換価分割

換価分割とは、不動産などの遺産を売却して、その金銭を分ける方法です。

土地を分割すると価値が下がる場合もあり、こうした方法を取る事があります。
この場合は、遺産を処分することになりますので、処分費用や譲渡取得税などを考慮する必要があるでしょう。