遺産分割の手続きにおけるトラブル

遺産分割における問題は、実に様々です。遺産相続のご相談で多く見受けられる原因を下記にいくつか記載します。

  • 法律上、何の権限もない親族が遺産相続に絡んでくる。
  • 相続人に、後妻、非嫡出子、養子など関係の薄い人がいる。
  • 身勝手な遺産分割の割合を主張して、他の話を聞かない人がいる。
  • 相続人のひとりが、被相続人の預金口座や財産の情報をしまい込んで開示してくれない。
  • 被相続人が、生前に特定の相続人に多額の贈与をしていた。
  • 相続財産の大半が不動産で、分割しづらい。また公平な分割が難しい。
  • 相続財産が、金融資産や不動産のプラスの財産のほかに、借金などのマイナス財産も多く、整理がつかない。
  • 遺産分割の財産が多額であり相続税が発生するが、分け方で合意が取れない。

こうした遺産分割における問題は、法律の上でも複雑で難しいものですが、感情的にも解決が難しいものです。

こうした問題の解決を目指すためのアプローチを順番に見ていきましょう。

遺産分割における問題解決方法

話し合いを通じて協議分割を目指す

  • 相続人や相続関係、法定相続分などを明確にする。
  • まずは相続財産を調査し、協議分割のテーブルの上にすべての財産の目録を並べてから遺産分割協議を行う。

スムーズな協議分割を目指すために、相続関係図を作成します。
また、ひとりの相続人がしまい込んでしまって全体像の分かりづらい財産なども丁寧に調査していき、財産目録を作成します。
こうしたアプローチによって、協議分割に必要な書類を集めますが、当事務所にご相談いただくことで、専門家である行政書士が書類作成業務を通じてお手伝いすることが可能です。
※紛争や調停を前提としたご相談の場合、協力先の弁護士の先生に担当していただきます。
※どのような事由でも、行政書士がご相談者様に代わって交渉などや代理行為を行うことは出来ません。

家庭裁判所を通じて法的な解決を目指す

  • 話し合いでの解決が困難である場合、家庭裁判所の調停員に間に入ってもらうことで解決を目指す。
  • 直接相手方と話すのは気まずい、または顔を合わせたくないので、弁護士に代理人として間に入ってもらい解決を目指す。

弁護士の先生にご相談いただくのが良いでしょう。
当事務所へお問合せいただければ、協力先の信頼できる弁護士の先生をご紹介させていただきます。
※弁護士の先生にご相談いただく場合、有料相談となる場合もございますので、予めご了承ください。

遺産相続に関する問題は大抵の場合、時間が経ってしまうとそれだけ解決が難しくなってしまいます。
まずは早いタイミングで、専門家にご相談ください。

協議分割を目指す場合、手続きのご相談は当事務所にご相談ください。
また裁判所や代理人を依頼して、問題解決を目指す場合は弁護士の先生にご相談ください。

手続きが進まないが、協議分割を目指したい場合

誰しも親族間の関係は壊したくないでしょうし、自分が相続する財産の10~15%ちかくにもなる高額の報酬を弁護士に支払ってまで、何年も争うこともしたくはないでしょう。
そのようなことにならないために、きちんと相続手続きを踏んでいただき、まずは協議分割を目指されることをお勧めいたします
改めて、協議分割に向けた手続き をご確認ください。