株式・証券・国債の名義変更

株式の名義変更は、相続する株式が「上場株式」か「非上場株式」かによって手続きが異なります
ひとつずつ見ていきましょう。

上場株式の名義変更の手続き

上場株式の場合、証券会社と、相続した株式を発行した株式会社の両方で、手続が必要になります。これは上場株式の取引が証券取引所を介して行われているためです。

証券会社は顧客ごとに取引口座を開設しておりますので、証券会社における名義変更の手続きは、取引口座の名義変更手続きということになります。

取引口座を相続するためには、下記の書類を証券会社に提出します。

  • 被相続人の戸籍謄本
  • 相続人の戸籍謄本
  • 相続人全員の同意書(証券会社所定の用紙)
  • 相続人全員の印鑑証明書
  • 取引口座引き継ぎの用紙(証券会社所定の用紙)

株式を発行した株式会社における手続き

証券会社での取引口座の名義変更を終えたら、株式を発行した株式会社の株主名簿の名義変更手続きをすることになります。

この手続きは証券会社が代行してくれますが、その際に相続人は以下の書類を用意します。

  • 相続人全員の同意書

非上場株式の名義変更手続き

非上場の株式の場合は、会社それぞれによって手続きが異なりますので、発行した株式会社に直接お問い合わせください。