不動産の名義変更(相続登記)

不動産(土地・建物)の名義変更についてご説明いたします。

相続が起こると、相続する不動産の名義を被相続人から相続人に変える手続が必要となります。

相続で行われる不動産の名義変更は、遺産分割協議が完了しなければ進める事が出来ません。
不動産の名義を変更しないでほうっておくと、思わぬトラブルに巻き込まれてしまう事態になりかねません。
相続不動産の名義変更は速やかに行うことをお勧めいたします。


不動産は時効取得が民法により可能となっています
例えば、相続した土地や建物が一定期間、他人に占有されている状態にあると、
その人がどのような意思で占有していたかにかかわらず、他人の財産となってしまうことがあるのです。
またその人に占有をやめてもらう場合にも、きちんとした法的な手続きを取る必要があり、
そうしなければ、たとえ自分の土地であっても、反対に訴えられてしまうことがあります。

不動産の名義変更の方法

不動産の名義変更の流れを以下に記載しますので、ご確認ください。

  1. 遺産分割協議書によって、相続財産の分割方法を正式に決定
  2. 不動産の名義変更(登記)に必要な種類を収集
  3. 登記申請書の作成
  4. 法務局に相続登記を申請

手続きのすすめ方

どのように遺産分割の協議が行われたかによって、登記に必要な書類が異なります。
具体的に見ていきましょう。

法定相続人が一人の場合、または法定相続分で相続をする場合

  1. 法定相続人の住民票
  2. 相続する不動産の固定資産税評価証明書
  3. 被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本
  4. 法定相続人の戸籍謄本

書類は市区町村役場で取得することができます。
ただし名古屋市の場合は市役所ではなく区役所での取得となります。
また、不動産の固定資産税評価証明書の場合は、市税事務所でも取得することができます。

遺産分割協議で決めた割合で相続をする場合

  1. 相続する不動産の固定資産税評価証明書
  2. 法定相続人の印鑑証明書
  3. 遺産分割協議書
  4. 被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本
  5. 法定相続人の戸籍謄本
  6. 法定相続人の住民票

遺産分割協議書は、遺産分割のページで作った協議書をそのまま使用することが可能です。

登記申請書の作成

通常、集めた書類をクリップ等で登記の申請書にとめて、相続する不動産の所在地を管轄とする法務局(登記所)に提出いたします。
提出した書類に不備がなければおよそ1週間~10日ほどで登記が完了し、不動産が名義変更できたことになります。

登記を申請する際には税金(登録免許税)の納付が発生します。
なお、固定資産税評価証明に記載されている不動産の価格に1000分の4を乗じた価格が、そのときに必要になる登録免許税となります。

土地を分けてから登記する場合

相続人で土地を複数に分ける場合は、
相続の登記の申請をする前に、その土地を物理的に分ける手続きがあります。

対象の土地に地積測量を行い、1つの土地を複数に分ける手続き(土地分筆登記)の申請をします
この手続き後、分けた土地を各相続人名義に相続の登記を申請することになります。