相続放棄とは

一口に「相続」と言いましても、財産を継ぐということには良い部分もあれば悪い部分もあります。

現在のような不景気の場合、相続の結果、多大な借金を受け継いでしまうという事例も増えております。

そのような事態を招く前に、相続人が財産や借金の相続を「引き継がない」と申請することができます。
これを「相続放棄」といいます。

基本的に相続対象となるもの全てが、相続放棄できるものです。

相続放棄ができる期間はわずか3ヶ月

相続放棄する場合、通常ですと被相続人が亡くなったときから3ヶ月以内に、
家庭裁判所に相続放棄の申立をする必要があります。

故人様の残した財産の調査期間として、「3ヶ月」の期間が設けられています。
この3ヶ月の間に、相続人が相続放棄をするかどうかの判断のため財産、
借金のどちらが多いのか調査してその内容を把握する必要があります。

相続対象となる物

  1. 「株式」「自動車」「不動産」「現金」等のプラスの財産
  2. 「損害賠償請求権」「損害賠償責任」「借金」「住宅ローン」等のマイナスの財産