限定承認とは

被相続人の残した財産にプラスの財産とマイナスの財産があった場合、プラスの財産の限度においてマイナスの財産も相続し、それ以上のマイナスの財産を相続しない方法を限定承認といいます。

若干分かりづらい話になりますが、マイナスの財産の方が多いものの、どうしても相続したいプラスの財産がある場合に行われる相続方法です。
また、プラスの財産とマイナスの財産が複雑に入り組んでいる場合、例えば個人商店などの事業を営んでいた方の相続などにも適しています。

限定承認をするには、いくつかの条件があります。
そのひとつは、相続人が相続開始を知った日から3ヶ月以内に、家庭裁判所に限定承認の申立をしなければならないことがあります。
相続人が複数名いる場合は、相続人全員が一致して行わなければなりません。
もし3ヶ月を超えてしまった場合は、「単純承認」をしたとみなされます。単純承認では、原則としてプラスの財産も、マイナスの財産もすべて相続することになります。

なお、3ヶ月過ぎてしまった場合でも、条件によっては相続放棄できる場合があります