相続税申告 名古屋|相続税なら名古屋相続相談プラザ

相続税の修正申告

ここでは、相続税の修正申告についてご説明いたします。

相続税が、申告額より多くなるときは、早めに修正申告の手続きをしておく必要があります。
そのまま放置しておくと、脱税したものとみなされてしまいます。

相続税の申告書を提出した後に、申告金額が少ないことに気付くことがあります。たとえ故意によるものでなくても、税務署に指摘されてからでは加算税を課されます。過少申告に気付いたら、速やかにその旨を税務署に連絡し修正申告を行いましょう。
加算税・延滞税についての詳細は、こちらをご覧ください。


修正申告書は税務署に用意されており、税務調査による更正の通知が来る前であればいつでも提出することができます。

加算税や延滞税を請求されてしまわないよう、始めから正しい相続税申告を行うためにも、相続のプロにご相談することをお勧めいたします。