相続税申告 名古屋|相続税なら名古屋相続相談プラザ

更正の請求

相続税が申告額より少なくなるときは、更正の請求をする必要があります。

更正の請求とは、相続税の申告書を提出した後で、申告税額を多く申告しすぎた場合に、その旨を税務署に伝え、納めすぎた税額の払い戻しを請求することです。


更正の請求には、期限が設けられており、構成請求が行える期間は、申告期限から1年以内です。


こうした更正の請求など、当初の相続税申告を修正しなければならない場合が生じると、改めて税務署に書類を提出しなければならないなど、手間がかかります。

最初からこのようなことが起こらないよう、相続のプロに相談し、正確な相続税申告を行うようにしましょう!

当事務所では、こういった相続税申告に関することも初回無料相談を実施しております。
お気軽にお問い合わせください。