相続税申告 名古屋|相続税なら名古屋相続相談プラザ

その他の申告

以下のような事情の場合は、修正申告や更正の請求を行うことで税額を調整できます。
損のないよう、しっかり確認しておきましょう! 

1)申告期限後に遺産分割が確定し、相続人などの課税価格に変動があった場合
2)相続人に異動があった場合
3)遺留分による減殺請求があった場合
4)遺言書の発見や遺贈の放棄があった場合
5)相続財産法人からの財産分与があった場合
6)申告後3年以内に遺産分割が行われ、配偶者の税額軽減の特例や小規模宅地等の特例が適用された場合
7)受贈財産を相続税の課税価格に移動させた場合


このようなケースでは、申告期限が設けられており、その事情が発生したときから4ヶ月以内に、申告書や請求書を提出しなければなりません。
申告期限内に申告書を提出していなかった場合でも、税務署から税額の通知が来る前であれば、期限後に申告を行うことができます。
ただし、その場合は無申告加算税を課せられてしまいますので、注意して下さい。